TOTAL SEVENではすべての販売車両に対し、ご納車前に当社スタッフによる納車前点検・整備を行っております。
交換前提の部分としては、最低限の消耗品となるエンジンオイル、オイルエレメント、ミッションオイル、デフオイル、ブレーキオイル、Vベルト、スパークプラグ、バッテリーは新品交換、それ以外にもブレーキパッドは車検基準値以下のものに対しては新品交換、その他オイル漏れ、冷却関係、点火系といったRX-7においてよくあるトラブル箇所も含め車全体を一通り点検し、現状不具合の出ている箇所、故障している箇所については整備・修理させて頂いた後、ご納車させて頂いております。

また、別途お見積もりとはなってしまいますが、ご納車整備時に合わせて例えばサスペンション交換、足回りブッシュ打替、ブレーキキャリパーOH、クラッチ交換、各部センサー類・補器類の交換といった部分的なリフレッシュや、より安心してお乗り出しされたいお客様にはエンジン・タービンのOH又は積替え、外装のオールペイントなどといったある程度大掛かりな作業までお客様のご希望、ご要望に合わせた別プランもご用意させて頂いております。

まずはお気軽にスタッフまでお問合せ下さいませ。

 
レシプロエンジンの推奨交換時期が約20000kmなのに対してロータリーエンジンは約3000kmです。 ロータリーエンジンはエキセントリックシャフト1回で3回燃焼します。 レシプロエンジンはクランクシャフト2回で1回燃焼します。
逆算しますと6/20000kmですので3000km~4000kmでの交換を当社では推奨しております。乗り方によってはそんなに早く交換する必要はない場合がございますが、 交換時期のタイミング等で気になる方は、お気軽にスタッフに声をおかけください。
  エンジンの寿命を左右する重要な点検のひとつです。 構造上、オイル交換といっても必ず古いオイルは残ってしまいますので3000km毎辺りでの交換をオススメしております。 当社では街乗り用オイル等、お客様の走るニーズに合わせたオイルを各種ご用意しております。